FC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山県和歌山市の奥様をイカせた
和歌山市の取引先の共稼ぎ奥様と先日会った。
彼女は「ダンナとのHは痛いだけで、どうしたらいいか
分からない」と悩んでいるようだった。
「痛いだけでイクってどういうことかわからない」ってかなり切実な様子。
でも、同じような悩みを持った女性は結構多い。
女性の体のことについて無知な男性が多いこと、というかほとんどの男性が
知らないと思う。
自分の気持ち良いことは女性も気持ち良いと思ってるらしい。
彼女とも会うまでには何度もメールのやりとりをし、Hについての相談
やいろいろな話をした。
メールの相談のみで終わる人もいれば、実際に会いたいという人もいる。
彼女は会いたいと言ってくれたので海南駅で待ち合わせをした。
会ってみると長身で細身の綺麗な石原さとみ似の奥様だった。
石原さとみ似
会っていきなりHというわけにもいかないので、食事をしながら1時間ほど話
をした。
そこで不安を持ったりしたらそのまま別れるという約束だったので、信頼し
てもらえるように色々話をした。
安心感と信頼感が痛みを取り除く第一歩だ。
そして和歌山市毛見のホテルへ。
和歌山市毛見のホテル
髪をさわっているとリラックスしてくれる女性が多いので、軽く髪にタッチ。
彼女も「髪を撫でられるのは好き」って、少しずつ心を開いてくれて
るみたいだ。
少し長めに髪を撫でていると、彼女の方から抱きついてきた!
キスをしながら服を脱がせていくと、「恥ずかしい」と顔を真っ赤にしている。
本当に恥ずかしそうだったので、彼女の後ろに回り、背中側から脱がせた。
背中から脱がした
とにかく安心感を持ってもらわないとだめだ。痛みを感じずに気
持ち良くなってもらうには。
愛撫も後ろ側から手を回すようにした。彼女はこの方がリラックス
してくれると思ったからだ。
そのうちリラックスしてきたようで彼女のほうから体を合わせてきま
した。
彼女の許可をもらい、持参のローションを塗る。
たっぷり塗って体を合わせると、彼女から「ああっ」って声がこぼれ
ました、かなり感じている。
ローションまみれ
全身を優しく優しく撫でたり、もみほぐすようにしたりする。
30分くらい続けていたら彼女が涙目になって、「もうダメ」って、
かわいすぎ。
「少し休もうか」って言うと、ちょっとすねたような顔をしている。
これがまたかわいいので、ここからは、じらすように10分くらいキス攻め。
歯茎の裏を舌で撫でるようにするとふさがれた口から、喘ぎ声が漏れる。
キスの間も、手は優しく全身を包むように愛撫。
あそこにもたっぷり塗ってやさしくもみほぐすように。
口でしてあげると、彼女は僕の頭をつかみ自分のあそこにきつくおし
つけ、かわいい声で「あぁ」とか「ダメ、ダメー」と喘いでいる。
たっぷりと1時間ほどした後、彼女のあそこも開いてきて準備
OKって感じ。
アソコ開き
女性が気持ち良くなってるのってなんとなくわかるようになってきた。
でもその日は最後まではしないという約束だったので、指と口だけでイッて
もらった。
そっと指を入れて、感じるポイントを指の腹でやさしく刺激。
ビクっと反応する場所を見つけたので、やさしく刺激し続けると「えっ、
何?」「何かこわい」って声をあげている。
「大丈夫だよ」って何度も声をかけると、膝をがくがくと震えさせてのけぞっていた。
のけぞり
「イケた?」って聞くと、「うん」ってうなずいてくれた。
それから「うれしい」って。
あまりのかわいさに抱きしめてしまった。
それからしばらくの間抱き合っていた。
最後に一度キスをしをすると、「今度は最後までして欲しい」って言ってくれた。
こう言ってもらえるのが最高だ。
帰りはもう会ったばかりのころの緊張はなく、あのかわいい声で笑っていた。

ロリ声の奥様はコチラ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


福井県敦賀市の奥様はハードコア
福井県敦賀市の取引先の社員で美貴という女性と知り合った。
偶然なのか、藤本美貴似の奥様だった。
藤本美貴似
彼女は結婚こそしているものの、子供はいない。
旦那とのSEXもなく不満な毎日が続いてるらしい。
金曜日の夕方、敦賀駅で待ち合わせ、彼女と食事をし、タクシーに乗って中央町のホテルへ向かった。
部屋に入ると・・・
「もう、何年もしてないから恥ずかしい・・・」
「俺は女性をいかせることが好きなんだ」と美貴に言うと、
「私、いったことないの・・・」という。
俺に火がついた。
「じゃあ、俺に任せて」
といいながら美貴にキスをする。
舌を絡めながら、深いキスをする。そのまま耳をやわらかく噛み、息を吹きかける。
「あっ・・・」美貴が感じ始めた。
そのまま服の上から胸を揉む。微乳だが40歳とは思えない張りを持っていた。
服の上からの微乳
胸をゆっくり揉みながら服を脱がす。そこには白い肌が待っていた。
「・・・明かりを消して」というが、そのまま続ける。
明かりがついているほうが恥ずかしくて感じやすいからだ。
上を脱がし、スカートをまくりストッキングの上からま〇こを触る。
ストッキングの上からでも分かるくらい濡れている。
「美貴さん、もうびしょ濡れだよ!」というと、一気に理性がなくなったのか、
「あぁ~もっと触って!」ストッキングを脱がし、下着の上からクリ〇リスを触り、軽く擦る。
「あっ・・・そこ!そこ!気持ち、いー!」と喘ぐ。これで完全に俺のペースになった。
全裸にした美貴の全身をなめまわす。胸、お腹、背中、足、そして・・・
ま〇こに到達。この時点で美貴に抵抗する余力は無い。
陰毛を舌で掻き分けて、クリ〇リスを見つける。
舌先でチョンと突くと
「あ~ん、きもちぃー」と喘ぐ。
クリトリス
クリ〇リスを舌で舐めまわし勃起してきたところで、唇でフェラチオするように思いっきりしゃぶると、
「あーもう駄目!もう無理!なんか気が遠くなってきちゃったよ」。
エクスタシーを知らない美貴は今からエクスタシーを初体験する。
「そのまま力を抜いてリラックスして!」と俺が言うと、
「もう、もう無理!ほんと無理!おかしくなっちゃう!いぃ!気持ちぃ!」
「それがエクスタシーだよ。」俺は美貴の股間から教えると、美貴はそれどころではなかった。
エクスタシー
「あぁ、おま〇こ気持ちいー!本当におかしくなっちゃう!イク、イク、イク、イク、イック!」
部屋が急に静かになった。美貴の声が聞こえない。美貴の顔を見ると白目を向いている。
失神してしまった。
再度クリ〇リスを舐め始めると気を取り戻し、深呼吸と喘ぎ声が混じる。
「あん、ちょっと休憩しようよ」と美貴が言うが、休憩なんぞするはずも無い。
そのまま、前戯2回戦突入。
今度はクリ〇リスを舐めながら、膣に指を入れる。1本、2本・・・
1本2本
「ねぇ、またイッちゃいそう!また、おかしくなっちゃうよ!」
行く瞬間にGスポットを思いっきり刺激すると、美貴は
「イク、イクッ・・・」といいながらまた、失神しそうになる。
しかし、そのまま指ピストンを続ける。今度は子宮と一緒にGスポットを刺激。
美貴はこの後イキまくって果てた。
俺は、ほとんど力の入っていない美貴を抱き上げ、
騎乗位の体勢で挿入。
騎上位
挿入した瞬間
「あっ!気持ちいー!大きくって奥まで当たってる!」
俺は
「自分で気持ち良くなっていいよ!」
というと、美貴は自分で腰を振り始めながら、
「気持ちい!これ、これが欲しかったの!あーもう最高!!!またいっちゃうよ」
力が抜けて、美貴は俺にたたみかけてきた。
このまま騎乗位で3回ほど美貴をイカせた後、正常位にもってくる。
美貴は
「もう、ホント無理だよ・・・おま〇こ壊れちゃうぅ!」
といいながら、思いっきり足を広げている。そして両足を持ち上げ、再度挿入。
「あぁーまた気持ちよくなっちゃうよ!感じちゃうよ!」
俺は
「足を閉じてごらん」
というと素直に挿入したまま足を閉じる。そしておもいっきりピストン運動を始めると、
「いやっ!何?何?気持ちいぃ!おかしくなっちゃいそー!イック!」
美貴また、イッてしまった。
俺ももう疲れたので、そろそろイカしてもらおう。腰を振りながら
「もうイッてもいい?」と聞くと、
「お願い!口の中に出して!お願い!あなたの精子飲みたいの
!あっ、なんか出ちゃいそう!出ちゃう出ちゃう!」
といいながら、今度は潮を吹いた。
びしょ濡れま〇こがさらにびしょ濡れま〇こになったので、射精したあと、面白いことを考えた。
「イクよ!イクよ!イクよ!」
「はぁん、思いっきり口の中に出して!」
と美貴が言う。
出そうになる瞬間、69の形になって、美貴の口の中におもいっきりイキのいい精子を出す。
と同時に美貴の掻き回されたま〇こに指を3本いて、フィストプレイに突入。
フィスト
3本、4本と入れていくと、でかくなった俺のちん〇を味わっている
美貴の様子がまたおかしくなった。
「いや!また気持ち良くなっちゃう!また、おかしくなっちゃうよ!イク、イク、イク、イク、イック!!! あっ!」
といいながら、口を開けて精子を口の周りに垂らしながら、美貴はまた失神した。
賞味1時間30分・・・
その夜、休憩をはさんでもう1回した。いったい美貴は何回イッたのだろう。
深夜、別れ際「また、すごいのしてね!」といわれたが、
「じゃあ連絡して」とだけ言って別れた。

ハードコアな奥様はコチラ

突然ブレイクした、千葉県船橋市の奥様

俺の会社の近郊の支店の共稼ぎ奥様と千載一遇のチャンスに恵まれ、
彼女の地元の千葉県船橋市で飲みに行くことができた。
彼女が入社してきた当初はその胸の大きさにびっくり。
セーターと巨乳
ウェストは両手の指で届きそうなくらい細いのに、セーターを突き破らんばかりに
飛び出した胸のでかいことでかいこと。まさに乳という表現しか当てはまらない。
しかし、酒も飲めず、つんとした感じで、愛想も悪くチャンスゼロ。
ところが、今年になって急にブレイク。
というか去年の忘年会で隣になってから急に愛想良くなってびっくり。
よくよく見ると、新垣結衣似の奥様だった。
新垣結衣似
本人曰く、「あの頃は入社したてだったから。」
それでも壁は突破できないと思っていたのに。
翌日、津田沼駅の本屋でばったり。「軽くなんか食べようか?」に
あっさりOK。数少ない知ってる店の中から津田沼北口の居酒屋へGO!
向かい合って乾杯すると、コートを脱いだ彼女の胸にまたもくぎづけ。
ああ、しゃぶってみてえ。
そんな顔はちらりともみせず、ひたすらギャグでリラックスさせた。
途中トイレに立った彼女の後ろ姿も、またいい。
ヒップ
ぴっちりと張り付いたジーンズの足は棒のように細い。
それでいてぱーんと張りだしたヒップのボリュームがこれまたすばらしい。
ほんとモデルのような体型だ。ぎゅううっと切れ上がった股の食い込みを
見つめて股間を熱くする。
2件目のショットバーを出た頃には、元々酒に弱い彼女の足はおぼつかない。
会話が途切れたところで「見学、見学。」などとほざきながら前原西のホテルへ。
シティホテル
部屋に入り二人並んでベッドに腰掛ける。だめ押しとばかりに缶ビールで乾杯。
テレビでは洋物アダルトビデオが流れている。彼女の目線も釘付け?
だんだん沈黙のインターバルが長くなり、彼女の唇も半開きでとろーんとしている。
半開き
肩に手をやると自然とOK。考えたら初めてのキスだ。
しかし、舌のからめ具合ももう自然。左手で服の上から胸をそっともみ始めるといよいよ感動。
いや、セーターをまくりブラジャーを上にずらしたときの感動はさらに。
当然ブラジャーは、パンパンなので肩紐をずらさないと動かすことはできなかった。
直にさわった乳の感触のすごいこと。グラビアとかでは見たことあるけど、
こんなに量感のある乳って本当に存在するんだ。
釣り鐘状で、下から支えると、もう、やめられまへん。
釣り鐘オッパイ
一気にむしゃぶりつくと、徐々に彼女も声を漏らし始める。
「ふーん、ふーん。」
手の方を内股に持っていくと、小さく
「いや。」
と彼女も手で押さえようとするが、
力が入らない。ブラとお揃いの縞模様のピンクのパンティに中指が届くと、
ぐじゅっと音がしたような気がする。
「あっ」
また、声が漏れる。
ピンクパンティ
後で聞いた話によると、Fカップの胸だと白のブラだとしまりがないんだそうな。
数分後、横たわった彼女の下から俺のいきり立った、ちん〇の角度を調節する。
どーんと張り出した二つの乳の高さに感動しつつ、暴発するのを必死にこらえ、
クリあたりをこする。
クリこすり
だんだん彼女の腰の跳ね上がりも大きくなってくる。
「んんー、して。」
尻の下から手で持ち上げ、何とか入るようにもがいてみる。
クーッ、この豹変ぶりがたまらん。興奮も一気に高まり、ずぶっとぶちこむ。
インサート
こちらが動くまでもなく圭の腰が下からうねる。張りつめた胸が
右に左にはじける。
「ああーーー」
「うおおお、うう」
左右の動きが突然前後の動きに変わり、スピードが倍速に。
危ない、こちらも爆発してしまう。もう、じっとしていられず、
俺も前後に腰をたたきつける。
「んん、い、いくぞ!いくぞ!いくっっ」
「んああ、がああ、ああ、ああ」
どっ、どっ、どくっ、どーおーーーーん
きもちよかー。しばし倒れ込んだ彼女の乳の上でまどろんだ。

巨乳の奥様は、コチラ


静岡県富士市で、浮気された奥様の慰み相手

営業先の静岡県富士市の奥様の、メール相談を受けた事から、仲良くなった。
この奥様は、真面目な文章で、旦那が浮気してる様でそれについての悩みの文面だった。
出来ちゃった婚で、15才も離れた旦那で、そこそこの経済力はある様だが、浮気性らしい。
お金はちゃんと入れてくれてるが、家にも余り帰らず、
仕事と偽り愛人の部屋に宿泊してるようだ。
かなり、悩んでいる様子で、かわいそうになり、親身になって悩みを聞いて上げた。
それが、良かったのか、その奥様から
「よしおさん、優しいんですね。良かったら私のメアド直にメールください。。」
ひょんな事から、彼女のアドレスがゲット出来た。
しかし、ここで態度を変えてたらいけない。終始悩みを聞く側に徹していた。
ある休日の事、朝早くに彼女からメールが入った。
「よしおさん、私…もうだめ…耐えられない!」…こんな内容だった。
心配になり、「どうしたの?何かあった??」そう返すと
要は、旦那の愛人が妊娠し、家にその愛人が責任取るように上り込んで、修羅場になったようである。

結局は、慰謝料と中絶する事で話はついたのだが、もう、旦那の顔見るのも嫌になり、
別れたい…との内容だった。
確かに、別れても良い状況だが、彼女にも子供がいるし…何とも返答に困った。
すると、
「よしおさん、今日の夜、時間はありますか?
子供は親に預けますから、付き合って下さい!」
そんな、メールが来た。
断る理由もなく、二つ返事で返事したが、写メ交換してなかったので、交換を依頼すると、直ぐに写メがきた!
何と、橘ゆかり似の、凄く可愛い奥様ではないか!アイドル級の可愛さだった!
橘ゆかり似
何故か、股間が緊張してくるのがわかる。
はて、今日はどう応対すればいいものか…
悩みながらも待ち合わせの吉原本町駅に行くと、写メ以上の、
女子大生と間違えるほど可愛い彼女がいた。
しかし、最初は自分も緊張してギクシャクしてたが、食事しながらお酒が入ってくると、
だんだんなごんできた。
なるべく暗くなる話はしない様に、楽しく時間を過ごした。
そして、遅くなったので、店を出て、タクシーを拾おうとした時に、彼女が、
「今日は私、お泊りできるの。」
そう、顔を赤らめながらぽつりと言った。
何も言わず、黙って彼女と腕組んで恋人気分で、少し歩きながらホテルに入った。
富士市吉原のホテル
部屋に入るなり、行き成り彼女がしがみ付いて来てキスをせがんできた。
「今日は、何もかも忘れさせて…」そう言いながら、キスを交わした。
それからは、獣に変身した。多分、した事無いと思うような、
恥ずかしい格好させたりして、苛めた。
お決まりの、服を着たまま、スカートをたくし上げ、
パンティーを膝まで下ろし、後ろから露になったマンコを、指や舌で厭らしく舐めると
「あぁ、そんな恥ずかしい事、したこと無い。…恥ずかしいよぅ」と言いつつ既に洪水状態だった。
スカートめくって…
そして、今度は、自分が仰向けになり、チャックを緩め、彼女の手をチャックの中に入れると、
彼女はいじりながらチャックの中から硬く硬直したペニスを引き出し、口に含んでフェラをしだした。
「はぁはぁ…大きい…おいしい…」そう言いながら、うつろな表情で丁寧に口で舐めてくれた。
それから、69に体勢を変え、クンニすると
シックスナイン
「アァ…恥ずかしい…でも、気持ちいい…あっ、逝きそう…」
そう言って逝ったのか、そのままぐったりとなった。
今度は、自分の番だ!そのままの状態で、体を起こし、後ろから彼女の腰を持ち上げ
こすりつけ
膣口に亀頭をこすり付けると、「そのまま入ってきて…」と言う言葉に刺激され一気に挿入した。
彼女の膣は子供を生んでる割には、入り口も中も狭く、
締め付ける感じが気持ち良かった!久々のキツまんだ!
しかし、十分に溢れてる愛液が潤滑油になり、締りの良い膣内でさすがに逝きそうになった。
「ゆかりチャン、もうだめだ!出そうだよ!」
「わ、私も逝きそう、ああ…気持ちいいよ!…あぁぁぁ」
「自分もだよ!一緒に逝こうね!ゆかりチャン、逝くよ!」
「アァ…中で一緒に逝って…一緒にぃ…」
一緒に逝って
そう言うと同時に、彼女の膣内に精子が飛び散った…
ドクドクドク…かなり出てるのがわかる。
しかも、彼女も逝ったのか、キュッキュッと狭い膣が一段とペニスを締め付け
搾り取られるような感覚だった。
それから、ぐったりになり暫くお互い余韻に浸っていた。
考えてみれば、彼女も、ここ何ヶ月かはセックスもしてないし、
旦那の事でストレスも溜まり欲求不満だったのだろう…
それから、朝まで貪り合う様なセックスを繰り返した。
膣内に、口に、精子を出し…何回したかは記憶に無い…。
ハードコア
それから、彼女も吹っ切れたのか、何度か会ってセックスをするような関係になった。
しかし、ある日、旦那に浮気してる事がバレて、暫く会えないとメールが来た。
それから、2週間経つがメールをしても返事が来なくなり、仕方なく放流することにした。
あんな奥様と、中出しセックスが出来ただけでもいい思い出だ!

奥様の悲しみを癒してあげたい人はコチラ


神奈川県藤沢市の、身も心も大胆な奥様
神奈川県藤沢市の飲み会で知り合った、佐藤江梨子似の奥様と2回デートした後、
近所のプールに行った。
佐藤江梨子似
155センチと小柄だが、胸とお尻がグラマーで、水着だとすごいボリュームで、
ひとけのまばらなプールでも目立っていた。
グラマー
売店を探していると掃除用具入れか何かの物置きがあり、
その裏が狭いけど日陰で休めそうだった。
そこで焼そばを食べて彼女が立ち上がった時に、目の前に現れた彼女の水着の
食い込んだムッチリしたお尻!
思わず僕も立って後ろから抱きついた。
彼女はびっくりしてたけど笑ってイチャつき状態に…。
僕が胸を揉むと笑ってきたのでそのまま壁に手をつかせて
お尻を揉んで水着を少しおろした。
彼女はびっくりして「誰かに見られる」と周りを気にしていたが、
他の人は全く来そうにない所だったので強行した。
そこだけ日焼けしていない真っ白なお尻は、
日焼け跡のお尻
マシュマロのように柔らかくてまるで胸をもむようにもんだ。
加えて、その中心の毛がチョロチョロ生えている部分をいじって、口を付け音をたてて
吸った。プールの匂いとマン汁の匂いがなんともいえない。
彼女はキョロキョロしながらも感じているらしく、マンコはビショビショだった。
そこで、ギンギンにそり立ったチンポをバックから手を使わずに、
ズボッズボッと彼女のマンコに入れた。
バック挿入
彼女のお尻の冷たい感覚を下腹に受けながらペッタン、ペッタン。
これは派手に音を鳴らして突いた。彼女のマンコは抜くと吸
い込んでくるようなヌルヌルの締めで太めのせいかかなりの締まりだった。
俺は彼女のお尻の穴までおっぴろげたり、ブラをはずして乳房をわしづかみで指の間で
乳首を立てたり、太陽の真下でイキそうになるギリギリの時間を楽しんだ。
わしづかみ
ちょうど彼女が手をついている壁の上のほうで声がして見ると、
2人の男が見ていた。彼女に
「見られてるよ。」「まだする?」
と聞くと上を見てから
「うん」
と言うので僕らは少しオーバーに見せつけるようにして入れ続けた。
崖までとはいかないけど距離が結構あり顔まで分からない感じだった。
最高の時間も、彼女と俺の一番気持ちいい一点が合って俺たちはそこだけに
ひたすら体重をかけた。俺は少しでも奥にと、お尻を左右にこじ開けねじ込んだ。
お尻のこじ開け
カリの部分がキューっとなり、彼女も
「はあーんイクっ」
と、お尻を左右に振り出した。そこで慌ててチンポを抜いてそのままお尻にピューっと
勢い良くザーメンをかけた。

大胆な奥様は、コチラ。
Copyright © 中年おやじの肉体放浪記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。