FC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城県土浦市の逆ナンしてきた奥様

エッチな文章を投稿サイトに書いたら、「続きを聞きたい」っていう返事が多くて、
そのうち、俺と同い年の奥様が、「続きは私としない?」という返事をくれた。
この奥様は茨城県土浦近辺に住んでいるらしく、
土浦で会って続きをしようという話になった。
俺は超ラッキーと思い、平日の晩、土浦駅でその人と待ち合わせた。
田中美里似で身長が160前半くらい。スレンダーな体格の人だった。
田中美里似の奥様
「こんなきれいな人が、大胆な返事くれたなぁ」
と思って、マジマジと見た。で、この間別のOLといったお店をそのまま使って、
いろいろな話をした。なんでも、その奥様の勤務先の休暇がもう終わるらしくて、
残り少ない休みの思いでづくりみたいな感じだったみたいだ。
食事を済ませて、彼女と土浦市港町のホテルへ。
土浦市港町のホテル
今回は予めHするってことで会っていたので、
のんびりとホテルへ向かった。部屋に入って、「ねぇ、洗いっこしようよ」と言われたが、
とりあえずベットに押し倒して、「あんっ」っという彼女とディープキス。クチュクチュと、舌を絡ませた後
服を脱がしていった。
押し倒し
「ねぇ、洗いっこしたいのぉ」と言われて、半裸のまま、お風呂場に行った。
鏡の前でお互いの服をいやらしく脱がしあった。
彼女のパンツを俺が少しづつ下ろし、彼女も、俺のトランクスを嬉しそうな顔をして
下ろしてくれた。
一緒にお風呂に入って、「ダンナとも一緒にお風呂は無いんだぁ。緊張する。」と言っていたので
バスルームの電気を消して、ドアの外の洗面所の明かりだけで、いい感じの暗さにした。
シャワーを出して、お互いのカラダをボディーソープで洗いっこ。
洗いっこ
小ぶりな胸の彼女だったけど、
泡でヌルヌルの手で後ろから何度も胸を擦るように洗ってあげると、カラダをくねらせて、
こちらを向いて、キスしながら俺のアソコをしごいてきました。
2人で向き合ったまま、お互いの感じる所を攻め続けた。
俺はこの間のますみに超効果的だった攻めをしてみた。
ボディーソープを手にいっぱい乗せて、少しだけ泡立てて、左手を前から、右手を後ろから、
それぞれ股の間に滑り込ませます。時々両手の指を膣とアナルに入れてやったりしたり、
また高速でグチュグチュ言わせたりと、見ているだけでも気持ち良さそう。
この奥様は体格はスレンダーだったが、感度は結構良い方らしく、腰をくねらせてしばらく
感じていた。「もうだめぇ!」というので、一度ストップした。
クネクネ
俺のも、とっくにビンビンになっていたので
その子に、「ちょっと待っててね」と言って部屋からゴムを取ってきました。
バスルームに入って、またキスをして、「ここでもいい?」って聞いたらその奥様は素直にうなずいて
俺のをしゃぶってきた。気持ち良かったが、もう入れたくなってきたので、
壁に手をつかせて、後ろから挿入した。
バックと喘ぎ
喘ぎ声がバスルーム内に反響してすごいことになっていた。
もうお互い泡でヌルヌルになっていて、俺も感じまくっていた。
で、そのままバックでゴムの中に出してフィニッシュ。超気持ち良かった。

Hを求めている奥様はコチラ

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


愛知県豊橋市での貫地谷しほり似の清純派奥様

先日、愛知県豊橋市の出会い系で知り合った、
貫地谷しほり似の40歳の奥様兼OLのますみとHした。
貫地谷しおり似
本当は蒲郡市で食事しようという話だった。さすがOLならではという感じで、
おいしいお店に連れてってもらい、満足した後、ブラブラ歩いてると「休憩しとく?」の一言。
彼女の腰に手を回して、豊橋市下五井町のラブホへ一直線。
ラブホ
食事のときの話では、ダンナが最近相手してくれないと言っていたので、
恐らく、やけっぱちHなのかな?
で、部屋に入るなりディープキス。舌を絡めあって、お互いの服を脱がす。
首、耳、肩、乳首、と舐めた所で「シャワー浴びよぉ」。一緒に浴びることにした。
前戯
浴室ではさらに興奮。お互い立ったまま向き合って、カラダにボディソープを塗っていく。
彼女の乳首はモチロンのこと、俺のチンポまでビンビン。おまけにしごきはじめるから
気持ち良くなっちゃって、俺も反撃。ボディーソープでヌルヌルにした両手で
片手は前から、もう片手は後ろから、それぞれ股の間に入れてグッチュグッチュ攻撃。
これは相当気持ちいいらしく、脚がガクガクしてる。
前から後ろから
でも彼女が脚を曲げると手とアソコとの密着度がより高まる。
耐え切れなくなったのか、「ベッドでしようよぉ」と言われ、ベッドへ移動。
再び愛撫開始。今度はもうアソコは濡れ濡れになっているので、少ししてから指挿入。
1本、2本と入れ、奥までかき回す。ものすごい量の愛液が溢れ出てくる。もうますみは
「イクイクイクー!!!」。カラダをビクビクさせてイッテしまった。
2本
そして挿入。とりあえずは正常位で。40にしては清純派に見える顔が歪むのを眺めながら
ピストン。最高に気持ちいい。彼女も「イイィィー。あーん。」などと声を上げている。
続いてはバック。俺はバックが好きなので、正常位は早めに切り上げた。
奥までグググっと挿入。もっと奥まで挿入するために、
尻の肉を左右に広げて、さらに突き立てる。
バック
そしてピストン運動。時々空気が入って出る「ズブズブ」っていう音に、
ますみは「恥ずかしいよぉ。」と言っている。
でもそれがまた興奮しちゃう。結局バックで激しくピストンして俺はイッテしまった。

清純派奥様はコチラ


東京都町田市のバツイチさんの名器
あれは、俺が35歳の頃、かずえさんとは、
お得意先に連れて行かれた、東京都町田市のスナックで知り合った。
彼女は6つ年上の41歳。昼は大手百貨店の食品売り場、
夜はそこのスナックでバイトをしていた。スレンダーで
羽田美智子似の女性で、年上だけど可愛い人だなぁ・・・と思った。
hjmfaw.jpg 
カウンターに座ってずっと視線を送っていた。彼女も俺の
あつかましい視線に気づいてくれて微笑んでくれた。
何回かお店にいっているうちに、彼女も俺のことを
気に入ってくれたみたいで、
俺とよくデュエットしたりチークダンスしたりしてくれた。
ダンスをすると当然俺のムスコはムクムク。
buizqy.jpg 
堅くなった自分自身を彼女に押しつけて耳元でささやいた。
「今度デートしよっ・・・」「うん・・いいよ」
携帯で連絡を取り合い、彼女と休みの日にドライブをして
食事に行くことにした。
そして、思い切ってホテルに誘った。
町田市鶴間にあるおしゃれなラブホテルに行った。
rszrys.jpg 
夜のお店のことなどいろんなおしゃべりをした。
ほんの少し会話が途切れたとき・・
「かずえさん・・・」彼女の体を引き寄せ彼女の唇を奪った。
彼女は最初は少し抵抗したが、右手で彼女の乳房を包みながら
さらに濃厚な口づけを続けた。彼女は震えながらも次第に俺のキスに
応え始めた。やがて俺の右手は彼女のブラウスの下へ潜り込んだ。
そしてブラの下から手を差し込んで直接彼女の乳房を愛撫した。
彼女の乳房は小ぶりでしたが、とても柔らかく心地よいものだった。
手で全体を揉むようにしながら親指と人差し指で乳首をくりくりしてあげた。
tggybf.jpg 
その間もお互いの舌をむさぼるように吸い、舐め、唇を舐め回してあげた。
でも、俺の手が彼女の大切な所に伸びようとすると「ダメ、ダメ!」と、厳しい抵抗が・・・
でもそれでやめてしまう俺ではない。俺の手を押さえる彼女と争いながらも
確実に彼女の感じる部分を攻めていった。最初はストッキング越しに。
そして、彼女が感じる隙をついて、ストッキングとショーツの下に手を差し込み、
彼女の大切なところを捉えた。彼女のあそこは、油をまいたように
もうヌルヌルの大洪水状態だった。
365-2.jpg 
つづきを表示

兵庫県宝塚市の菅野美穂似の奥様と萌えた。
その奥様は兵庫県宝塚市で知り合ったんだけど、顔は超一級品で
菅野美穂をもっとかわいくした(俺的には)感じで、
年は41歳。背は普通くらいで160cmほどだった。
菅野美穂似の奥様 
それまでは簡単なあいさつ程度しかしていなかったので、
こんだけかわいい奥様だし、とりあえずしゃべって次につなげとくかと
思って会った。
というのも、俺には少し酒が入っていたが、彼女はシラフだったんで。
とりあえず彼女に電話して、彼女の仕事先ホテルからちょっと出てきてもらうことにした。
車の中で少し話していましたが、みればみるほどかわいいので、
だんだんやりたくなって我慢できなくなってきた。
そこで後ろは楽だから後部座席に行こうと彼女を誘った。
その時の車はワゴン車で、後部座席は全部倒しているので、完全にベッド状態にし
ている。もちろんいつでもやれるように。
二人で横になりながら話していたが、軽く首に腕を回して反応をみると
そんなに悪くなさそうなので、もっと密着して、いたずらっぽく耳とか首とかを噛んだり
うなじ 
舐めたりしてみると「あぁん、ダメやでぇ。そのへん感じやすいねんからぁ」
と、あまったるい関西弁で答えてきた。
その話し方がまたおっとりしていて、普段は関西弁の女はあまり好きじゃ
ないが、その奥様はすごくそそった。
彼女はそうは言ったものの、全然嫌そうじゃないんで、軽く上からかぶさって
キスをした。すると彼女のほうから舌を入れてきた。
「これはイケル」と思い、ここまで上玉なのでやる前からメチャメチャ興奮してしまった。
入念に耳の裏がわや首筋を愛撫して、だんだん腕のほうに舌を移動していき、
ウエスト 
舌をウエストに移すと、なかなか細めの良いラインがあり
そしておなかも付近もそーっと舐めてあげて、服を上に、まくった。
この時点で彼女からの止めてコールがないので絶対やれると確信した。
ゆっくりとブラを上にずらすと、仰向けに寝ているのに、
形のいい張りのあるバストが出てきた。大きさも申し分ない。
薄暗くてはっきりは見えないが、乳首の色も薄いピンクだった。
bvqskd.jpg 
乳首を少しさけるように、おっぱいをなめてると、彼女もかなり興奮して
きたらしく、たまにプルンと乳首の上を通過すると
「あっ、あぁん」
と、ちょっと恥ずかしながら小さなうめき声を上げている。
ズボンを脱がせながら、太股から足の指まで舌先で舐めていくと
彼女はかなり感じてきたらしく、腰をくねくねさせながら
小さな吐息を恥ずかしそうに出している。
その様子がますますかわいくて、パンティの上から舐めてあげると、
ピクッと反応する。もうパンティはべっちょり濡れていて、彼女の
ラブジュースはパンティいっぱいに広がっていた。
pzolyc 
ゆっくりパンティを脱がしながら、わざとあそこを避けてなめていたが、
たまに唇がふれるとそれだけで彼女は「いや~ん」
とピクピクしていた。そろそろいいだろうと、少し舐めてみようとすると、
もうあそこはびっくりするくらい濡れていて、べちょべちょ。
そのまま上のクリトリスへと舐めていき、舌先でころころところがしてあげると、
いままで必死に声を抑えようとしていた彼女が
「ああぁ、気持ちええぇ。」と自制できなくなってきた。
koagij
つづきを表示

福岡県北九州市の、寺島しのぶ似の初心者奥様
福岡県北九州市の人妻をGet。「お金目的?」と聞くとそうではないとの事。
次の日曜日に会うこととなった。待ち合わせの場所のチャチャタウン第2駐車場で待っていると
電話で聞いたとおりの白い軽自動車に乗って現れた。
ソバージュ掛かった髪で、寺島しのぶに似た女性だった。
寺島似 
やはり旦那さん以外とHするのは初めてなので不安だったのか、変な趣味
(SM等)や病気はないか?と聞かれた。その点は安心していいよと返事
した。
さて、ホテルに入り「いっしょにお風呂どう?」と聞くと「恥ずかしい」と
のことで断られた。彼女がお湯を入れに行き戻ってくると、唇・胸(高校生の
娘がいるにしては乳首はとてもきれいなピンクでした)にキス。
ピンク   
パンティーに手をかけると「恥ずかしい」とその場で脱がすことは出来なかった。
しかし中に手を入れることは許してくれた。(なにしろ旦那以外に裸を見られること
は結婚以来初めてらしい)
パンティに手 
つづきを表示

北海道の札幌支店の釈由美子に似たバツイチさん

彼女は31歳のバツイチ女性。おととし離婚して去年うちの会社
の札幌支店に入ってきた。
釈由美子に似ていて、おっとりした感じのおとなしそうな可愛い女性だと思った。
釈由美子に似たバツイチさん
札幌支店に出張した翌日、二人で飲みに行くことになったとき、
カラオケでキスをした勢いで俺も自制しながらも理性とムスコは爆発寸前。
「今日は泊まっちゃおうかなぁ」と彼女が言うので、近くのシティーホテルに。
高い出費は痛かったがそんな事は言っていられない。
チェックインを済ますとシャワーを浴びる間もなく抱き合う。
ブラウスを脱がせブラジャーをはずし
期待通りの大きい胸にしゃぶりついた。乳首は小振りでたまらなかった。
巨乳で小乳首
しばらく吸い付いていよいよ下半身に手をかけようとすると、
「今日は生理なの」との事。「構わないよ」と俺は安心させてそのまま
スカートを脱がせガードルとパンティを一気に脱がした。バスタオルを敷か
ないとまずいとも思ったがもうそんな事をしている余裕は無い。
パンティ脱がし
胸から腰や足に舌を這わせ、ついに生理の血で汚れたあそこへ。
シャワーを浴びてもいないしにおいもすごくきつかったのだが
酔いも回っており思いっきりなめ回す。
大きめのクリトリスが感度良く立っていてそこに舌を這わせると
狂ったように感じていた。
クリ
「もう駄目、来て」という声で俺ははじかれたようにビンビンになった
ムスコを彼女の生理の血で汚れているあそこに一気に入れた。

生理中の人妻でもよいヒトはコチラ


元同級生で、今は奈良県桜井市の奥様と、同窓会で再会
元同級生で、今は奈良県桜井市の奥様と、同窓会で再会してしまった。
大石恵を落ち着かせた感じのルックスが今でも、変わっていない。
大石恵似
同窓会の4次会は、ビジネスホテルの俺が泊まっている部屋だった。
俺は酔いつぶれて寝ぼけたふりをして彼女を引き寄せた。彼女が「イヤ」
と言って俺の上に重なる格好になり強く抱きしめた。彼女の心臓の鼓
動が柔らかい胸の感触と同時に伝わってくる。
女上位
俺たちはそのままの体勢でしばらく固まっていたが、いつしかキス
を交わし彼女への愛撫が始まった。彼女は始め俺の愛撫に声を殺してい
たがすごく感じているようだった。クリトリスを指で刺激しながら耳元
で愛の言葉をささやくと彼女は自分からキッスしてきた。舌を絡ませ背
中に爪を立ている。グチョグチョの膣に指を入れゆっくり手マンを開始し
た。このころになると彼女は耐えきれず声を出し始めた。
じょじょに手マンのスピードを上げて行くと彼女は激しく首を振り絶頂に達した。
俺は我慢できずクンニをするのも忘れ、まだ痙攣している膣に俺
の一物をぶち込んだ。彼女は別人のように大きな声を出したので、
キッスで口をふさいだりクッションに顔を埋めさせて、バックで突きたてた。
バック攻め

激しく奥様を突きたいヒト

栃木県宇都宮市の人妻パブで…

出張で栃木県宇都宮市に行った際、同僚と飲みに出て3件目、
結構流行っている人妻パブへ行った。
とても感じが良い40歳の、永作博美似のかわいらしい奥様が俺の担当になった。
永作似
それなりに話し、それなりに触り、最後の方ではたまらなくHしたくなった。
彼女もその気になっていたらしい。自分は同僚より先に店を出た。
このテの店では、女の子は店の玄関を出て同じ階のエレベーターホールまで
見送ってくれるのを知っていた俺は、二人っきりになったら
絶対ヤレるのではと信じ、帰るフリをした。
エレベーターホール
案の定、ついてきた彼女を店の出入り口を出た所で抱きしめた。
加えてキスをしたら、舌を絡めてきたのは彼女の方だった。
「ヤリたくてしょうがないんだ!」って言ったら赤らんだ顔で
彼女も「私も!」と言った。
赤い永作
抱き合ったまま思わず近くの非常扉を開けた。
その非常階段は外にあり、ビルとビルの間で真っ暗だったが、
無我夢中で抱き合った。キャミソールの肩ひもをはずし、
Dカップくらいの形の良いオッパイにむしゃぶりついた。
キャミ乳
そしてパンティーを脱がし割れ目に指を入れてみた。
彼女の割れ目はびしょぬれで息も荒く、
オレのズボンを脱がしにかかった。
彼女の早く店に戻らなくてはならないという焦りもあり、
互いにソッコーで求め合い、大事な一発を激しく感じあった。
駅弁、バック、・・・濡れまくりの彼女のあそこは、もう最高だった。
バック
発射したオレの液を口で拭きあげ、嬉しそうに戻って行った。
発射しても当分立ちっぱなしだった。
自分もあんなに燃えたのは始めてだったし、夢のような、
時間にして7,8分だろうか、最高の夜だった。
彼女の個人の携帯番号ゲットしたから、
次は直接連絡とろう。

よその奥様と連絡とりたい人はコチラ

FC2 Blog Ranking


大阪府高槻市の奥様とチャットから…

チャットで、出張予定の大阪府高槻市の奥様と知り合った。
彼女の待機メッセージからしてエッチなことが書いてあって
エッチな話が盛り上がりチャットエッチもした。
お互いに始めての体験でかなり興奮して
彼女はすごく濡れやすいのか「パンティが濡れたので脱いじゃった。」って。
チャットエッチ
それから、メールのやり取りやチャットでのエッチを繰り返した。
少しMみたいで命令されるのやいじめられるのが嬉しそうだった。
自宅の番号を聞いたら教えてくれた。
どうせ、嘘の番号だろって思いながら電話してみると
本当にその奥様に繋がった。当然テレホンエッチもやった。
テレホンエッチ
もう、二人ともノリノリ。彼女に「あそこの音聞かせて」って言ったら
本当に「グチョグチョ」と聞こえ濡れているのがわかった。
そうなると、だんだんお互いに本当にしたくなるのが自然な事で、
出張した時に実際に会ってエッチをした。

各地の奥様と自然な即ハメ

FC2 Blog Ranking


三重県の桑名駅から乗ってきた奥様

俺は都市部では電車も使う。
ある日三重県の桑名駅からすごく混んだ近鉄に乗った。
目の前にソバージュで若奥さんらしく見える
女性が立っていた。
いい匂いがして、しかも向かい合わせに密着。
しばらくすると電車の揺れに合わせるように、
俺のペニスを触ってきた。始めは嘘かと思ったけど
確かに触られていた。
逆痴漢
俺は、始めどうしようか考えたが、俺も触らせてもらうことにした。
スカートの上からももを触るとブラのひものようなものが当たった。
しばらく撫でると、それはガーターベルトだと分かった。
ガーター
相手も触ってきていることだし、
遠慮なく、スカートの中に手を入れてみた。
下から上の方へ撫でていくと、途中から生足だった。
さすがにこれ以上はやばいと思いそこまでで辞めた。
耳元で「ごめんね」と言うと彼女は小さくうなずいた。

今でも、あの奥様のすがるような瞳が忘れられない。
すがる瞳
あー、やりたかったなー。


痴漢プレイのお相手探しはコチラ



FC2 Blog Ranking

埼玉県入間市で、高級マンションの奥様と…

俺が埼玉県入間市で知り合ったツーショットダイアルの奥様のことだ。
彼女はその当時きっと40~45。電話で意気投合して、
住んでいる場所も近いと言うことで私が彼女の家に行くことになった。
その女性を初めて見たとき綺麗な人というのが第一印象だ。
りさこ
しかもバスローブを着ていたのには驚いた。
なかなか日本人で普通にバスローブを着ている人は珍しいと思う。
ただ行った家はものすごく立派なマンションだったので、その恰好で出て
来たときもあまり違和感がなかった。その女性はある社長の
奥様と言うことだった。なので立派なマンションに一人で暮らし
仕事もせず気ままな生活を送っているのだった。
バスローブ
結局彼女も暇を持て余していたのと寂しかったんだと思う。
そのまま彼女の部屋に押し入り、チョット無理やりだけどキスしたり、おっぱいを
触ったりと楽しませてもらい、あまり抵抗しないのでそのまま自分のモノを出し
「しゃぶってよ。ホントはしたいんでしょう?」
と、彼女の口に自分のモノを突っ込んだ。
フェラ
彼女、ナカナカの好きモノだったらしくねっとりと舌を絡ませて丁寧にしゃぶって
くれる。
そして自ら「お願い…入れて…。」と、おねだりする始末。
結局朝まで、発射してはしゃぶらせ、また入れて…の繰り返しで
精子も出なくなるまでやっちゃった。

地元奥様にドピュ!!

Copyright © 中年おやじの肉体放浪記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。