FC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然ブレイクした、千葉県船橋市の奥様

俺の会社の近郊の支店の共稼ぎ奥様と千載一遇のチャンスに恵まれ、
彼女の地元の千葉県船橋市で飲みに行くことができた。
彼女が入社してきた当初はその胸の大きさにびっくり。
セーターと巨乳
ウェストは両手の指で届きそうなくらい細いのに、セーターを突き破らんばかりに
飛び出した胸のでかいことでかいこと。まさに乳という表現しか当てはまらない。
しかし、酒も飲めず、つんとした感じで、愛想も悪くチャンスゼロ。
ところが、今年になって急にブレイク。
というか去年の忘年会で隣になってから急に愛想良くなってびっくり。
よくよく見ると、新垣結衣似の奥様だった。
新垣結衣似
本人曰く、「あの頃は入社したてだったから。」
それでも壁は突破できないと思っていたのに。
翌日、津田沼駅の本屋でばったり。「軽くなんか食べようか?」に
あっさりOK。数少ない知ってる店の中から津田沼北口の居酒屋へGO!
向かい合って乾杯すると、コートを脱いだ彼女の胸にまたもくぎづけ。
ああ、しゃぶってみてえ。
そんな顔はちらりともみせず、ひたすらギャグでリラックスさせた。
途中トイレに立った彼女の後ろ姿も、またいい。
ヒップ
ぴっちりと張り付いたジーンズの足は棒のように細い。
それでいてぱーんと張りだしたヒップのボリュームがこれまたすばらしい。
ほんとモデルのような体型だ。ぎゅううっと切れ上がった股の食い込みを
見つめて股間を熱くする。
2件目のショットバーを出た頃には、元々酒に弱い彼女の足はおぼつかない。
会話が途切れたところで「見学、見学。」などとほざきながら前原西のホテルへ。
シティホテル
部屋に入り二人並んでベッドに腰掛ける。だめ押しとばかりに缶ビールで乾杯。
テレビでは洋物アダルトビデオが流れている。彼女の目線も釘付け?
だんだん沈黙のインターバルが長くなり、彼女の唇も半開きでとろーんとしている。
半開き
肩に手をやると自然とOK。考えたら初めてのキスだ。
しかし、舌のからめ具合ももう自然。左手で服の上から胸をそっともみ始めるといよいよ感動。
いや、セーターをまくりブラジャーを上にずらしたときの感動はさらに。
当然ブラジャーは、パンパンなので肩紐をずらさないと動かすことはできなかった。
直にさわった乳の感触のすごいこと。グラビアとかでは見たことあるけど、
こんなに量感のある乳って本当に存在するんだ。
釣り鐘状で、下から支えると、もう、やめられまへん。
釣り鐘オッパイ
一気にむしゃぶりつくと、徐々に彼女も声を漏らし始める。
「ふーん、ふーん。」
手の方を内股に持っていくと、小さく
「いや。」
と彼女も手で押さえようとするが、
力が入らない。ブラとお揃いの縞模様のピンクのパンティに中指が届くと、
ぐじゅっと音がしたような気がする。
「あっ」
また、声が漏れる。
ピンクパンティ
後で聞いた話によると、Fカップの胸だと白のブラだとしまりがないんだそうな。
数分後、横たわった彼女の下から俺のいきり立った、ちん〇の角度を調節する。
どーんと張り出した二つの乳の高さに感動しつつ、暴発するのを必死にこらえ、
クリあたりをこする。
クリこすり
だんだん彼女の腰の跳ね上がりも大きくなってくる。
「んんー、して。」
尻の下から手で持ち上げ、何とか入るようにもがいてみる。
クーッ、この豹変ぶりがたまらん。興奮も一気に高まり、ずぶっとぶちこむ。
インサート
こちらが動くまでもなく圭の腰が下からうねる。張りつめた胸が
右に左にはじける。
「ああーーー」
「うおおお、うう」
左右の動きが突然前後の動きに変わり、スピードが倍速に。
危ない、こちらも爆発してしまう。もう、じっとしていられず、
俺も前後に腰をたたきつける。
「んん、い、いくぞ!いくぞ!いくっっ」
「んああ、がああ、ああ、ああ」
どっ、どっ、どくっ、どーおーーーーん
きもちよかー。しばし倒れ込んだ彼女の乳の上でまどろんだ。

巨乳の奥様は、コチラ

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


静岡県富士市で、浮気された奥様の慰み相手

営業先の静岡県富士市の奥様の、メール相談を受けた事から、仲良くなった。
この奥様は、真面目な文章で、旦那が浮気してる様でそれについての悩みの文面だった。
出来ちゃった婚で、15才も離れた旦那で、そこそこの経済力はある様だが、浮気性らしい。
お金はちゃんと入れてくれてるが、家にも余り帰らず、
仕事と偽り愛人の部屋に宿泊してるようだ。
かなり、悩んでいる様子で、かわいそうになり、親身になって悩みを聞いて上げた。
それが、良かったのか、その奥様から
「よしおさん、優しいんですね。良かったら私のメアド直にメールください。。」
ひょんな事から、彼女のアドレスがゲット出来た。
しかし、ここで態度を変えてたらいけない。終始悩みを聞く側に徹していた。
ある休日の事、朝早くに彼女からメールが入った。
「よしおさん、私…もうだめ…耐えられない!」…こんな内容だった。
心配になり、「どうしたの?何かあった??」そう返すと
要は、旦那の愛人が妊娠し、家にその愛人が責任取るように上り込んで、修羅場になったようである。

結局は、慰謝料と中絶する事で話はついたのだが、もう、旦那の顔見るのも嫌になり、
別れたい…との内容だった。
確かに、別れても良い状況だが、彼女にも子供がいるし…何とも返答に困った。
すると、
「よしおさん、今日の夜、時間はありますか?
子供は親に預けますから、付き合って下さい!」
そんな、メールが来た。
断る理由もなく、二つ返事で返事したが、写メ交換してなかったので、交換を依頼すると、直ぐに写メがきた!
何と、橘ゆかり似の、凄く可愛い奥様ではないか!アイドル級の可愛さだった!
橘ゆかり似
何故か、股間が緊張してくるのがわかる。
はて、今日はどう応対すればいいものか…
悩みながらも待ち合わせの吉原本町駅に行くと、写メ以上の、
女子大生と間違えるほど可愛い彼女がいた。
しかし、最初は自分も緊張してギクシャクしてたが、食事しながらお酒が入ってくると、
だんだんなごんできた。
なるべく暗くなる話はしない様に、楽しく時間を過ごした。
そして、遅くなったので、店を出て、タクシーを拾おうとした時に、彼女が、
「今日は私、お泊りできるの。」
そう、顔を赤らめながらぽつりと言った。
何も言わず、黙って彼女と腕組んで恋人気分で、少し歩きながらホテルに入った。
富士市吉原のホテル
部屋に入るなり、行き成り彼女がしがみ付いて来てキスをせがんできた。
「今日は、何もかも忘れさせて…」そう言いながら、キスを交わした。
それからは、獣に変身した。多分、した事無いと思うような、
恥ずかしい格好させたりして、苛めた。
お決まりの、服を着たまま、スカートをたくし上げ、
パンティーを膝まで下ろし、後ろから露になったマンコを、指や舌で厭らしく舐めると
「あぁ、そんな恥ずかしい事、したこと無い。…恥ずかしいよぅ」と言いつつ既に洪水状態だった。
スカートめくって…
そして、今度は、自分が仰向けになり、チャックを緩め、彼女の手をチャックの中に入れると、
彼女はいじりながらチャックの中から硬く硬直したペニスを引き出し、口に含んでフェラをしだした。
「はぁはぁ…大きい…おいしい…」そう言いながら、うつろな表情で丁寧に口で舐めてくれた。
それから、69に体勢を変え、クンニすると
シックスナイン
「アァ…恥ずかしい…でも、気持ちいい…あっ、逝きそう…」
そう言って逝ったのか、そのままぐったりとなった。
今度は、自分の番だ!そのままの状態で、体を起こし、後ろから彼女の腰を持ち上げ
こすりつけ
膣口に亀頭をこすり付けると、「そのまま入ってきて…」と言う言葉に刺激され一気に挿入した。
彼女の膣は子供を生んでる割には、入り口も中も狭く、
締め付ける感じが気持ち良かった!久々のキツまんだ!
しかし、十分に溢れてる愛液が潤滑油になり、締りの良い膣内でさすがに逝きそうになった。
「ゆかりチャン、もうだめだ!出そうだよ!」
「わ、私も逝きそう、ああ…気持ちいいよ!…あぁぁぁ」
「自分もだよ!一緒に逝こうね!ゆかりチャン、逝くよ!」
「アァ…中で一緒に逝って…一緒にぃ…」
一緒に逝って
そう言うと同時に、彼女の膣内に精子が飛び散った…
ドクドクドク…かなり出てるのがわかる。
しかも、彼女も逝ったのか、キュッキュッと狭い膣が一段とペニスを締め付け
搾り取られるような感覚だった。
それから、ぐったりになり暫くお互い余韻に浸っていた。
考えてみれば、彼女も、ここ何ヶ月かはセックスもしてないし、
旦那の事でストレスも溜まり欲求不満だったのだろう…
それから、朝まで貪り合う様なセックスを繰り返した。
膣内に、口に、精子を出し…何回したかは記憶に無い…。
ハードコア
それから、彼女も吹っ切れたのか、何度か会ってセックスをするような関係になった。
しかし、ある日、旦那に浮気してる事がバレて、暫く会えないとメールが来た。
それから、2週間経つがメールをしても返事が来なくなり、仕方なく放流することにした。
あんな奥様と、中出しセックスが出来ただけでもいい思い出だ!

奥様の悲しみを癒してあげたい人はコチラ


神奈川県藤沢市の、身も心も大胆な奥様
神奈川県藤沢市の飲み会で知り合った、佐藤江梨子似の奥様と2回デートした後、
近所のプールに行った。
佐藤江梨子似
155センチと小柄だが、胸とお尻がグラマーで、水着だとすごいボリュームで、
ひとけのまばらなプールでも目立っていた。
グラマー
売店を探していると掃除用具入れか何かの物置きがあり、
その裏が狭いけど日陰で休めそうだった。
そこで焼そばを食べて彼女が立ち上がった時に、目の前に現れた彼女の水着の
食い込んだムッチリしたお尻!
思わず僕も立って後ろから抱きついた。
彼女はびっくりしてたけど笑ってイチャつき状態に…。
僕が胸を揉むと笑ってきたのでそのまま壁に手をつかせて
お尻を揉んで水着を少しおろした。
彼女はびっくりして「誰かに見られる」と周りを気にしていたが、
他の人は全く来そうにない所だったので強行した。
そこだけ日焼けしていない真っ白なお尻は、
日焼け跡のお尻
マシュマロのように柔らかくてまるで胸をもむようにもんだ。
加えて、その中心の毛がチョロチョロ生えている部分をいじって、口を付け音をたてて
吸った。プールの匂いとマン汁の匂いがなんともいえない。
彼女はキョロキョロしながらも感じているらしく、マンコはビショビショだった。
そこで、ギンギンにそり立ったチンポをバックから手を使わずに、
ズボッズボッと彼女のマンコに入れた。
バック挿入
彼女のお尻の冷たい感覚を下腹に受けながらペッタン、ペッタン。
これは派手に音を鳴らして突いた。彼女のマンコは抜くと吸
い込んでくるようなヌルヌルの締めで太めのせいかかなりの締まりだった。
俺は彼女のお尻の穴までおっぴろげたり、ブラをはずして乳房をわしづかみで指の間で
乳首を立てたり、太陽の真下でイキそうになるギリギリの時間を楽しんだ。
わしづかみ
ちょうど彼女が手をついている壁の上のほうで声がして見ると、
2人の男が見ていた。彼女に
「見られてるよ。」「まだする?」
と聞くと上を見てから
「うん」
と言うので僕らは少しオーバーに見せつけるようにして入れ続けた。
崖までとはいかないけど距離が結構あり顔まで分からない感じだった。
最高の時間も、彼女と俺の一番気持ちいい一点が合って俺たちはそこだけに
ひたすら体重をかけた。俺は少しでも奥にと、お尻を左右にこじ開けねじ込んだ。
お尻のこじ開け
カリの部分がキューっとなり、彼女も
「はあーんイクっ」
と、お尻を左右に振り出した。そこで慌ててチンポを抜いてそのままお尻にピューっと
勢い良くザーメンをかけた。

大胆な奥様は、コチラ。

生理前に約束した、滋賀県近江八幡市の奥様

H系掲示板で、滋賀県近江八幡市の、ある奥様と知り合った。
幾度か、メール交換をしていく中で、少しHだが実におとなしい人である事がわかってきた。
普通の内容に混ざるように、Hな内容のメールもやり取りしだした頃、お互いに合いたい
と言う事になりデートをした。今思えば、メール交換中は生理前だったのかも。
待ち合わせ場所に彼女らしい姿はなかったが、携帯に連絡が入り、近所にいると言うので
迎えに行った。
初めてみる彼女は、安めぐみ似の清楚でおとなしい、かわいい感じの奥様だった。
安めぐみ似
メールのH具合からの彼女のイメージからは逸脱していた。
午前中は、琵琶湖などに行き、普通のデートだった。
午後から、ちょっと、ためらいながらホテルに誘うと、即OK。
はちまん
部屋に入り、お風呂に湯を張りに行って、彼女の座るソファーに腰をかけ、
首筋に手を回し、口づけ。
感じやすいと言うのは、メールで聞いていたが、口づけの段階で、すでに、体は、ピクンピクンと
反応していて、そのまま、服の上から、胸を触ると体を仰け反らせて悶えている。
服とブラジャーを脱がせると、小さ目のかわいい乳房が顔を出した。
かわいい乳房
俺が、乳房をきつく握ると、体をくねらせながら、悶えている。
唇、背中、へそ、首、肩、内もも、すべてに反応している。
「生理が終わってれば、良いですけど。。」という、メール内容を思い出してしまったが、
後には引けない。
パンティの中に手を入れて、確認すると、血はついていない。
そのまま、彼女の一番感じるところを刺激し、次に指を彼女の中へ入れた。
パンティの中
「なに?このしまりは。」
指を、ぎゅうぎゅう絞めてきた。
俺は、お構いなしに、中を掻き回し続けた。
その間、彼女はくちゅくちゅという音をお供に何とも言えない、
いい顔で、悶えている。
パンティを脱がし、指を、1本から、2本に増やし、再び攻撃をはじめた。
先ほどより、もっとすごく、のた打ち回る様に彼女は悶えている。
「ここかな?」と、Gスポットを刺激すると、ぐたっとなり、いってしまったようだ。
加藤鷹並みの手
引き抜いた手は、血で真っ赤になっていた。
ちょっと、びっくりした…。
それから、俺のむすこを挿入。これが、また、しまるしまる。
いろんな体位を楽しみながら、ホテルを後にするまでに4回。
やってしまった…。
無論、むすこも、血だらけになってしまったが…。
生理がはじまった。
彼女は、経験もあまり無く、ダンナにもいっぱい触ってもらった事がないと言っていた。
あらためて、おとなしい奥様だなと思ったが、
先ほどの豹変ともいえる、もだえ様は、実に見事だった。

生理前の発情奥様は、コチラ。


エッチを開発してほしい、佐賀県武雄市の奥様

佐賀県武雄市の奥様のアキと初めて逢うきっかけは、ちょっとした人生相談だった。
「エッチがつまらない」
「イッタことがない」
Q:オナニーはしてる?
「したことないよぉ」
Q:アキちゃんさえよかったらイカせてあげるよ!
「むりだよぉ」
そんなやりとりが続いた後、少しは興味があるらしく、さっそく会う約束をした。
向井亜紀似の、俺好みの奥様だった。
向井亜紀似
その日は雨で約束の時間に多少遅れてきたアキを武雄温泉駅でレンタカーに乗せると
口数も少なく、あらかじめ選んでおいた落ち着いた感じのホテルへ向かった。
central
服を着たままのアキをベッドに座らせ、後ろから抱きかかえるようにポジションをとる。
小柄なアキの上半身は腕の中にすっぽり納まった。しばらくは他愛もない話を続け、
緊張が緩んだころあいを見て、静かに胸の周囲に手をはわせていった。Bカップほどだろうか、
見かけより小さく硬いアキの胸は快感をこばんでいるようで、
表情や息遣いに変化は見られない。
ぴっちりブラウス
小さなブラウスの前ボタンを上からゆっくりはずしていくと硬い乳房を
包む水色のブラがあらわれた。カップのすきまから指を這わせると表情とは裏腹に硬く隆起し
複雑な凹凸のある乳首が感じられた。後ろからブラウスとブラをはずすし、仰向けにアキを寝
せると右手で乳首、乳房、わき腹、背中を左手で髪を梳きながらゆっくりとキスをし舌、唇、
歯茎まで味わうと初めて「うっふぅ~」と吐息を漏らし始めた。
乳首
過去の経験が快感を封じ込めていたのだろう、体は正直で右手をスカートの中に運ぶと熱く湿
った空気に満ちて一瞬股間に触れた指先に布越しにしては驚くほどのぬめりが感じられた。
スカートのジッパーをおろし、するっと脱がすと股間の2枚布のあたりが粘り気のある液体で
ぐっしょり濡れているのがはっきりわかった。
濡れパン
体の上下を入れ替えるとシックスナインのような体勢で、湿って中の形が浮き出している
下着の上から小陰唇の形をなぞるように複雑に、そして繊細に指を動かし
小陰唇の頂点にある固いしこりに指が到達すると、ううっとくぐもった
アキの声が漏れ腰が小さく痙攣するのがわかった。
Q:気持ちいいのかい?
「うん、きもちい・・
こんなの初めて・・・あっあっ・・」
体液を吸収しきれないのか布の上からでも糸を引くほど
にもれてきて、内もものあたりにまで広がってきている。
一気にパンツを脱がせると濃い目の陰毛がクリトリスから小陰唇までべたっと
張り付き、透明な液の後からトロっとした精液のような液体
が肛門まで流れ落ちていった。
lovejuice
シックスナインの体勢のまま顔を近づけると動物的な、それで
いて甘いアキの独特の香りが興奮を誘う。
「うっ あっ ああー」
長めの小陰唇を左右交互に舌でこねていくと、さっきまでのくぐもった声が
絞り出すようなはっきりとした声に変わっていった。
かなり長めの包皮を舌でゆっくりめくっていくと子供の小指ほどの濡れて光った
クリトリスがあらわれた。
濡れたクリ
指でしっかり露出させながら舌先を先端に這
わせる「んんーっ うっ あ はあぁぁ」声がだんだん高く連続してきた。先端から上の奥へ
そしてぐるっと回してあらゆる角度からクリをなめ回す。
クリなめ
一番感じるのはクリの裏側のようで舌の先を固くとがらせて、はわせると
「うぎゃっ  あああ  あーだめー」
と息を荒げながら目の前のおちんちんに初めて手を伸ばし
愛しそうにさすり始めた。
-そろそろだなー
口をすぼめクリをくわえて、思いっきり吸い上げながら舌を小刻みに回転させる。
「ああ ああ あーー  うっうっ いい あーいいよぉー」
様子を見ながら強弱をつけ、舌の回転を早めていった。
「だめーー もうもう あ あー いっ いっいっちゃうー」
目の前の膣口がぐっと縮み、開き、細かく痙攣するのが見える。
最後にいちばん縮むと、それが開く瞬間どろっと白い液体が放出され、
液体再び
不自然な形に足が硬直しアキは初めての恍惚を味わった。
その後舌に指を交えたり、もちろん挿入も含めて結局5回絶頂に達してもらった。

奥手の奥様をH開発してくださる人は、コチラへ


音楽好きの、広島県呉市の奥様
あるサイトのチャットで知り合った、広島県呉市の41歳の奥様と音楽の話で意気投合して、
会うことになった。
近くの駅で待ち合わせして車で待っていたら、電話がかかってきて「ここだよー」なんて
話していたら彼女が現れた。
ピンクの服が良く似合って、石田ゆり子似のスリムできれいな奥様だった。
石田ゆり子似
小顔で化粧も薄くて、本当に肌がきれいだった。
レンタカーに乗ってレストランに行き、昼飯を食べた後、「ガンガン歌う気で来たから、
フリータイムを使おう」
って誘って、ホテルに直行した。
あらかじめ調べておいた、カラオケがあるクレイトンベイホテルだ。
彼女はいろんな音楽を聴いたり歌ったりするので、俺が歌う初めて聴くような曲も、
よくキャッチしてくれて、ゴキゲンだった。
「そろそろシャワー浴びようよ」ってなって、俺が先に浴びることにした。
先に出てベッドに座ってしばらく待っていると、バスローブ姿の彼女が現れた。
隣に座ってくれて「肌きれいだね」なんて言いながら、キスしながらお互いの服を脱がし
合って全裸で抱き合い、上になったり下になったりしながらディープキスしました。
彼女のやわらかい唇とすべすべの肌の感触が心地よくて、しばらくそうしてしまった。
その後俺が上になって首から耳に唇と舌で愛撫して、胸元まで降りていき胸を愛撫するこ
とにした。
大きくはないのだけど、形もきれいなピンク色の乳首で、夢中になって愛撫してしまった。
ピンク色乳首
彼女は胸が感じやすいらしく、舌で転がしたり、やさしく噛んだり、
唇ではさんで引っ張ったりするとさすがに息が荒くなってきた。
そして今度は下の方に移動して、足のつけ根から太ももあたりにキスの雨をふらして、彼女
のアソコをまわりからゆっくりと舌と唇を駆使して愛撫してあげた。
足を開かせてアソコも見ると経験が少ないせいかきれいなピンク色で、もうすでにしっと
りと濡れていた。
ピンクのクリ
彼女の愛液をすすり、舌でクリをつついたり、膣に舌を差したり、まわりを舐めまわして
いると彼女は「もう変になりそう」なんて声を上げた。
そろそろかと思って「もう入れていい?」と聞くと、静かにうなづき、「今日は大丈夫な
日?」と聞くと「危ない日だけど外なら大丈夫」と言うので正常位で生挿入した。
もう十分に濡れていたのでヌルっと入ったのだけど、あまりの感触のよさに夢中で腰を振
ってしまった。
ピストン
ちょっとしたら気が付いて、「手前と奥側どちらが好き?」なんて聞いてみると手前と答
えるので浅めにしてピストンしてみると、そっちの方がアソコがよく締まってすぐイキそ
うになってしまいそうになるほどだった。
それではまずいので、対面座位にして彼女の唇にキスしながら、アソコがつながったまま
の感触と裸で抱き合っている感触を存分に味わった。
それから「また動いていい?」と聞いてから、バックにして浅く突いたり、深く突いたり
しながら腰を振った。
彼女は胸は小さいのだけど、ウエストからヒップの線にすごく色気があったのですごくい
い眺め。
くびれ
彼女のきれいな体を楽しみながら、しばらく腰を振っているとだんだんイキそうになって
きたので、「そろそろイキそうだよ」と言いながらラストスパート。
彼女も合わせてくれてアソコがキュンとしてきたところで、彼女の背中に思いっきり放出
してしまった。
相当に気持ちよかったらしくたくさん出て、彼女が「早く拭いてー。ベッドにたれちゃう
よー」と言うほどだった。
背中へ射精
ティッシュで拭いてあげて、余韻を楽しみながらじゃれあうように抱き合っていたが、
俺のアソコが立ちっぱなしてそのまま2回戦に突入。
またそのあともう一回して、計3回もしてしまった。
ゆっくり2人でお風呂につかりながらキスしたり乳繰ったりして、サービスタイムをたっぷり楽しんだ。
湯船で乳繰り

カラオケ好きな人妻はコチラ

京都府宇治市の絶倫奥様

たいして期待もせずに「Hしたい奥様居る?」
みたいなことを出会い系の京都府のコーナーに書きこんだら、
珍しくすぐにレス。ただし、その日は時間の都合がつかず、NGに。
ところが翌日とりあえずメールすると相変わらず好感触!
コレはもしかしてイケルかも?と数日後に約束を取りつける。
当日に宇治駅で待ち合わせる事になった。
「あんましカワイクないよ!」とメールにあり、ちょっとドキドキしながら
待ち合わせに。
あらかじめ電話番号交換して改札付近で出会った奥様は背は高く、
しかし顔は、栄倉奈々似でかなりカワイイ!
榮倉奈々似
照れくさそうにしてるその奥様は、
俺の好み!年は41との事。
メシ食うか、それともホテル行くか?と聞くと
「時間がもったいないからホテル!」とまさに願ったりの展開。
ただ、晩飯食ってなかった自分としてはかなり腹ペコだったけど。
そのまま宇治駅の近くのホテルへ。
ホテルに行くとまずシャワーに誘うが一緒はイヤとの事で先に入る。
後からその奥様が入り、ベッドで待つとまもなくその奥様が
ガウン着て出てきた。
そしてベッドへ。この奥様を脱がす時が、俺の一番の楽しみで、
「うーん、何回脱がしてもいいもんダ!」などと思いながら
胸を揉みながら首筋を舐めた。
その奥様は少し息を荒くしながら声を押し殺していた。
首筋から舌を段々下に下ろしていき、
ブラをガウンの中に着てたのでホックを外し、直接胸をなめた。
黒い上下の下着の下からはBカップ位の小ぶりだけど、
とっても張りがあるオッパイが!乳首もピンクでキレイ。
感動しながら左の胸を揉みながら、
右の乳首を舌で転がしたり、つまんだりすると、
乳首
また声をガマンしながら顔を赤くしている。
指をオマンコのところに持っていき、クリのあたりをなぞってみると、
すでに濡れ濡れの模様。
黒いショーツの中に指を入れ、クリから割れ目にかけて触ると、
すごいぐしょ濡れ!けっこうサラっとした愛液が大量に出て、
指に絡んできます。中を触ってるとクチョクチョと音がし、
中に入れると中は更にグチョグチョです。
パンティずらし
「すごい濡れてるよ!」と耳元で、ささやくと、
「うん。濡れやすいの」とのこと。
この頃になるとその奥様も我慢できないのか、
俺の大きくなったモノを握ってシコシコし始めてます。
そこで、俺はクンニしてあげようと思い、ショーツを脱がせ、
オマンコに指をゆっくり入れながらクリを優しく舐めてあげます。
最初は舌先で優しく、そしてだんだん舌全体を使って
クリを舐め上げてやります。
指はGスポットをリズミカルに刺激すると、
「すごいキモチイイ!」
gスポット
「チンコ舐めさせて!」とのこと。
勿論フェラは大好きなので態勢を変え、チンポを突き出すと、
「おっきい!」との事。
確かに俺のは平均よりはだいぶ大きいみたい。
「入るかな?」と言いながら口をすぼめてパクッと咥えてくれ
た。舌を巧みに動かしながらジュルジュル音をさせながら柔らかく
包みながら上下に首を動かし、一生懸命フェラしてます。
フェラ
すごく気持ちがいいのですが、俺はフェラではなかなか
イカない。しばらくして「大きすぎて、あごが疲れた」
との事。いつもの事なので、しょうがないと思いつつ、
その奥様は、「あーあ!口でイカせたかったのに!」との事。
すごくいとしく思いながら
「いいよ。オレはイキにくいから」とフォロー。
再度、濡れまくりのマンコを舐めてあげて、
たくさん声が出てきたところで正常位で一気にIN!
正常位
体が大きいせいか、中は広めだが「ズボ!」という
音とともに入れると、中が締まる。
ゆっくり出し入れしてやると
「アッ!ウッ!」
と声を出していた。そうしていると「もっと早く!」と言ってきた。
そこで早くする代わりに浅くピストンしてやると、
「ヤダ!もっと奥まで突いて!」「すごい気持ちいい!」
と声を上げてきた。
俺はさっきフェラでかなりキモチよくなってたこともあり、
かつすごい締まりのオマンコに耐えられず、
最後はマッハでピストンして、腹の上に出した。
終わってからティッシユで拭いて横になると抱き着いてきて
「今までで一番ヨカッタ!」と言われた。
頑張った甲斐があるというものだ。
そしてそのまま抱きしめてると
「ねー、まだできる?」
と聞いてきた。
「またしたいの?」
と聞くと黙って俺のモノを握りシコシコしてきた。
そして布団の中にもぐり込むと、さっきまでオマンコに出し入れ
して精液とマン汁にまみれたモノをくわえて、またしても
絶妙のフェラ!あっと言う間にギンギンになってしまった。
しばらくくわえてもらって、オマンコに手をやると
さっき拭いたばかりのアソコはすでにグチョグチョ。
激しく指を出し入れしてあげると「アッ!」と声を上げ始め、
だんだんお口がお留守に。
「上になってみる?」
と聞くと、
「うん」
といいながらゆっくりオマンコにチンポをあてがいながら
入れてきた。「アン!」と切なそうな声をあげ、
深々とオマンコがくわえ込んできた。
騎上位
「スゴイ!」「大きい!」「アン!奥にあたる!」
などと言いながら腰をユックリ振っていましたが
だんだん動かなった。そして俺が
下から腰を掴んでチンポを一番奥まで突くととうとう動け
なくなってしまった。このときはすごい締めつけです。
動かそうとすると、
「ダメ!奥にあたってずっと気持ちいいの!」
といって動かせない。しかたなくゆっくり深く何度か
動かしてやると、息も絶え絶え。
でもこのままでは俺がイケないので体位を対面座位に変え、
下から突きまくってやり、また外出しをしてやった。
外出し
「こんなに気持ちいいの始めて!」といいながらグッタリし
てた。

絶倫奥様はコチラ


岐阜県美濃加茂市で、夫婦ケンカした奥様のお相手

ネットで知り合った人妻と急に会うことになり、思わずいい思いをした。
彼女は既婚で子持ちだった。メールで過激な話をして盛り上がったせいか、
携帯へのメールは平日だと言っていたのに、
先日の日曜日に携帯にメールが来た。内容は、
「どうしても会いたい。駅で14時」だった。
どんな人だか楽しみと、すごいドキドキ状態で、
レンタカーを借りて乗ったときから勃起していた。
美濃太田駅につくとすぐに助手席のドアに女性が近づいてきた。
何と人妻とは思えない、水野真紀似の幼顔。
水野真紀似
そして俺の大好きな超ミニスカート。胸は程よい感じに膨らんでいる。
背が低く腰がくびれていてスタイルがいい。俺好みでびっくり!!
ミニスカ
すぐこの人だと思いドアを開けた。
「ごめんなさいメールしちゃって。旦那と喧嘩したので出てきたの。
しばらくいい?」
「いいよ。」
車を走らせ、すぐに左手をミニスカートから太ももに這わせる。
何とノーパン。そしてあそこは大洪水状態!!
「すっごいね」と言うと。
「駅に来てからトイレで着替えたの。風があたってすごい恥ずかしい。エスカ
レーターで何人か振り向いていたの。見られてると思うと・・・」
ノーパン
「何?」
彼女は下を向いて「ぬれてきちゃった」と言った。そして、
彼女も俺の半ズボンの下から手を入れ勃起したものを握る
「おおきーい」とうれしそうに俺を握っている。
彼女は今の旦那ともう一人くらいしか経験がないらしく、
二人とも小さかったのだろう。
お互い今のHに物足りなく、とにかくアブノーマルをしたいと思っていたから、
俺は山に行って野外でやろうと思った。
山へ向かう運転をしながら左手を彼女に挿入。
前戯
彼女はかなり感じているらしく息遣いが荒い。俺のほうに倒れてきてズボンを
どうにかずらして俺をほおばる。
根元まで俺を頬張っては口でキュッと閉めながら先っぽまで口を動かす。
俺も負けずと左手をピストンする。
俺をくわえる口が時々熱い喘ぎ声で緩み、生暖かい息がペニスにかかる
なんとも言えぬ興奮。
まだ山につかないが、俺のほうがやばくなったので一時フェラチオは中断して
もらう。
ちょっとつまらなさそうなので、「山に行くからちっよと待って。
それまでとなりでオナニーしなさい」
と言って左指を抜いた
「はい、先生」とふざけて言って本当にオナニーを始めた
オナニー
シートを少しリクライニングし股を開いて右手でクリを触り始めた
「はぁ・はぁ・アーン」と本気で感じている。次第に左手は乳首をつまんでい
る様子
少し郊外に来たので
「おっぱいを出して直接やりなさい」と言うと
すぐにTシャツをめくりあげてくりくり乳首を愛撫し始めた
対向車が結構あったがほとんど分からない様子だった。
やっと山につき、すぐに車から登山道へ
少し入ったところでいきなりだきあいディープキス。
お互い我慢し切れなかったように舌を絡めあい、強く吸いあった。
次第に手が下がりノーパンのお尻をモミモミ。
後ろから回した手でクリを刺激。
「あっあー もう駄目 イレテ」
俺も我慢ができなかったので彼女を地面に四つんばいにさせ、
もう一度フェラチオをさせ、
十分勃起した状態で後ろから挿入!
バック
ズブスブと生暖かい彼女の体内に入っていくのがやっぱり快感!
また、裸ではなくミニスカートだけめくり上げた状態での結合は
後ろから見ていても、爽快なくらい気持ちよかった。
「あっ、あっ、あっ、あっ、」とピストンにあわせて彼女のおさな声が山林に
消えていく
手を回してTシャツの下から乳首をクリクリクリと攻めるとさらに
「あぁっ、あぁっ、あぁっ、あぁっ、いい、す、すごくいい」
と言っていきそうなのでピストンもスピードアップ
パンパンパンと彼女のお尻に俺があたる音と彼女の声だけが響く
「いきそうだよ・・もう」と言うと
「外に!」と言うので仕方なく発射の瞬間抜いた。ドピュと精液が彼女の頭を
飛び越え、勢いよく飛んでいった。
次のドク、ドクッと発射した精液は彼女の髪の毛と、ミニスカートに命中!

過激なメールはコチラ

Copyright © 中年おやじの肉体放浪記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。